一括で借り上げる

一括借り上げの内容について

賃貸経営をしているとよく眼にするのが、一括借り上げです。この一括借り上げというのは、運営しているアパートなりマンションなりの部屋をすべて借りてくれる契約です。 ですから、一括借り上げというわけですが、これにはいくつかの条件があります。それは施工をその業者に依頼する、ということです。つまりは、新しくアパートなりマンションを作るときに特定の業者を使うことが条件になっているわけです。それが最低限の条件になりますから、覚悟しておくべきです。また、一括借り上げといってもずっと同じ金額ではないのです。 一括借り上げというのは、更新もありますから、出来るだけよい条件で続けられる契約のところにするのが大事になります。

空室リスクを避けることができる一括借り上げ

不動産賃貸業を行う場合に一番怖いのが空室リスクです。このリスクを避ける便利な方法が、不動産業者に一括借り上げをしてもらうことです。一括借り上げされた物件は、契約期間中空室になることはありません。そのため、安定的に賃貸料が入ってくるというメリットがあります。 もちろん、いいことばかりではなく、入ってくる家賃は一括借り上げをする業者が手数料を差し引いた後の金額になります。それでも、不動産賃貸のノウハウがあまりなく更地の有効活用のためにアパートを建てた場合などは有効な方法だといえます。 一括借り上げによって差し引かれる手数料は、相場家賃の2割から3割というケースが多いようです。もともと賃貸需要が少ない場合などはもう少し手数料が大きいケースもあります。事前に理解し手数料差引後の利回りで十分ということであればメリットの大きい方法です。